○芸西村補助金交付要綱

平成21年3月13日

要綱第14号

(目的)

第1条 この要綱は、法令に特別の定めがあるもののほか、補助金の交付に関し基本的な事項を定め、もって補助金に係る予算の執行の適正を期することを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 補助事業 補助金の交付の対象となる事務又は事業をいう。

(2) 補助事業者 補助事業を行うものをいう。

(補助金の交付の申請)

第3条 補助金の交付の申請をしようとするものは、次の各号に掲げる事項を記載した補助金交付申請書(別記様式第1号)を別に定める期日までに村長に提出しなければならない。

(1) 申請者の住所及び氏名

(2) 事業計画書

(3) 収支予算書又はこれに代わる書類

(4) 工事の施工にあっては、実施計画書

(補助金の交付の決定)

第4条 村長は、補助金の交付申請があったときは、当該申請に係る書類の審査及び必要に応じて行う現地調査等によりその内容を調査し、補助金を交付すべきものと認めたときは、補助金の交付の決定をするものとする。

(決定の通知)

第5条 村長は、補助金の交付の決定をしたときは、すみやかにその決定の内容及びこれに条件を付した場合にはその条件を補助金の交付を申請したものに補助金交付指令(別記様式第2号)を通知するものとする。

(補助事業の遂行等)

第6条 補助事業者は、法令、補助金の交付の決定の内容及びこれに付した条件その他村長の指示に従い、善良な管理者の注意をもって補助事業を行うものとし、補助金を他の用途へ使用してはならない。

(実績報告)

第7条 補助事業者は、補助事業が完了したときは、補助事業実績報告書(別記様式第3号)を、出納閉鎖までに村長に報告しなければならない。

(決定の取消)

第8条 村長は、補助事業者が次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消すことがある。

(1) 偽りその他不正の手段により補助金の交付を受けたとき。

(2) 補助事業の目的を達成し得なかったとき。

(補助金の返還)

第9条 村長は、補助金の交付の決定を取消した場合において、補助事業の当該取消しに係る部分に関し、すでに補助金が交付されているときは、期限を定めて当該補助金を返還させるものとする。

(暴力団等の排除)

第10条 村長は、補助金等の交付を受けようとする者が排除措置対象者(芸西村の事務及び事業における暴力団の排除に関する規則(平成24年規則第15号)第2条第2項第5号に規定する排除措置対象者をいう。以下同じ。)に該当すると認めたときは、当該排除措置対象者に補助金の交付の決定を行わないものとする。

2 村長は、補助金等の交付の決定を受けた者が排除措置対象者に該当すると認めたときは、当該排除措置対象者に係る補助金等の交付の決定を取り消し、又は既に交付されている補助金等の返還を命ずることができる。

(雑則)

第11条 この要綱に定めるもののほか、交付すべき補助金の名称、目的、額及び補助率、交付の対象並びに事業の内容その他補助金の交付に関する具体的業務の実施細目については、村長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年4月30日要綱第36号)

この要綱は、平成25年5月1日から施行する。

様式 略

芸西村補助金交付要綱

平成21年3月13日 要綱第14号

(平成25年5月1日施行)