○廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則

平成18年7月5日

規則第22号

(趣旨)

第1条 この規則は、廃棄物の処理及び清掃に関する条例(昭和46年条例第17号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(事業者の責務)

第2条 事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物(事業系ごみ)を自らの責任において適切に処理しなければならない。

(事業者)

第3条 事業者とは、村内で事業活動を行なう者の中で、村外に本社若しくは事業の母体を置く者、又は村内にあっても下記の表に属し、10名以上の従業員を雇用して事業を展開している者、及び当該事業所に一般廃棄物収集の要請をする者とする。

企業種類

ホテル、旅館、レストラン、喫茶店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、市場、農業用資材販売所、鮮魚店、病院、ゴルフ場、日用品販売店、食料品販売店

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則

平成18年7月5日 規則第22号

(平成18年7月5日施行)

体系情報
第8類 生/第2章 保健衛生
沿革情報
平成18年7月5日 規則第22号