○芸西村山の家の設置及び管理に関する条例

平成5年3月15日

条例第13号

(目的)

第1条 芸西村山の家(以下「山の家」という。)は、教養の向上、娯楽休養及び地区住民の集会や親睦の場として、集会、研修及びレクレーション等に利用する。

(設置)

第2条 名称及び位置は次のとおりとする。

名称 芸西村山の家

位置 芸西村久重甲608番地1

(管理)

第3条 山の家は常に良好な状態において管理し、目的に応じた運営をしなければならない。

2 山の家を管理するため、その一部を委託することができる。

(山の家の使用)

第4条 山の家を使用しようとするものは、村長に申し出て、許可を受けなければならない。

2 村長は、使用を許可する場合、管理上必要な条件を付する。

(使用料)

第5条 山の家の使用料は、別表に規定する使用料を村に納付しなければならない。

(使用料の減免)

第6条 村長は、特に必要があると認めた場合は、使用料を減免することができる。

(使用の制限)

第7条 村長は、次の各号に該当する場合は、使用を許可しない。

(1) 公の秩序を乱して、また風俗を害する恐れのあるとき。

(2) 暴力団(芸西村暴力団排除条例(平成23年条例第1号)第2条第1号に規定する暴力団をいう。第8条第1項において同じ。)の活動に利用されると認めるとき。

(3) 構造物、設備、備品等を汚損、又は破壊する恐れのあるとき。

(4) 施設の管理上支障のあるとき。

(5) その他、村長が使用させることが不適当と認めたとき。

(使用許可の取り消し等)

第8条 村長は各号のいずれかに該当する場合は、使用の許可を取り消し、又は利用を停止し、若しくは、条件を変更することができる。

(1) 使用者がこの条例又は条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 使用者が許可の条件に違反したとき。

(3) その他、村長が必要と認めたとき。

(権利の譲渡等の禁止)

第9条 山の家の許可に伴う一切の権利を第三者に譲渡又は、転貸してはならない。

(損害賠償の義務)

第10条 使用者は、故意又は遺失により、山の家の施設及び備品を損傷し、又は亡失したときは、これによって生じた損害を村長の認定に基づき賠償しなければならない。

(委任)

第11条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成23年9月15日条例第15号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成31年3月15日条例第2号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表

区分

施設使用料(1日につき)

個人(中学生以下)

100円

〃 (高校生以上)

200

団体(中学生以下)

1,000

〃 (高校生以上)

2,000

(注) 団体扱いは10人以上とする。

芸西村山の家の設置及び管理に関する条例

平成5年3月15日 条例第13号

(平成31年3月15日施行)