芸西村

文字の大きさ

拡大

標準

縮小

色合い

標準

黒

〒781-5792 高知県安芸郡芸西村和食甲1262番地

所在地・地図

ホーム > 行政情報 > 産業 > 農業振興

農業振興

芸西村地域農業再生協議会水田フル活用ビジョンの公表について

( 農業・産業 )

1 地域の作物作付の現状、地域が抱える課題

 芸西村は、総面積39.63 ㎢で南は太平洋に面し、北は四国山脈支峰、西は手結山台地、
東は安芸市矢流台地に囲まれている。北部山間地帯は傾斜地が多く、耕地は少ない。冬
期は四国山脈の支峰で北風がさえぎられ、その上太平洋の黒潮の影響も受け、年平均気
温17.4℃、年間雨量1,651mm、日照時間は2,319 時間と長く、高温多湿で暖地農業に適
している。
当該地域の平野部は90.7%の農用地でほ場整備が実施されている。水田面積は、耕地
面積の91.6%を占めており、1ほ場当たり20a~35a に区画調整された農地では、ナス、
ピーマン、花卉等が栽培されている。販売農家戸数は299 戸(H19 年)から286 戸(H24 年)
と減少傾向にあり、高齢化や担い手不足、耕作放棄地の増加が問題となっている。
また近年では基幹作物であるナス、ピーマン、花卉ともに輸入農産物の増加や国内の
産地間競争の激化等から市場価格が低迷しており、さらに燃油等の農業資材が高騰し、
農家の経営を圧迫している。

2 作物ごとの取組方針

 施設園芸の生産性の向上と特色ある産地づくりを推進し、他産地との差別化を進め、
収益の高い農業経営の確立を図る。
遊休農地等の活用については、「人・農地プラン」に位置付けられた担い手を中心に、
規模拡大を希望する農家への農地の集積を推進する。
また、担い手及び新規就農者の育成・確保については、村担い手協議会の活動を強化
することはもとより、担い手に関する各種支援策の強化、就農相談、営農開始に向けた
支援、JA、県等の関係機関との情報の共有化を図り支援を行っていく。

(1)主食用米

 主食用米については、土壌診断に基づく適正施肥や農機具の共同利用、病害虫の適正
防除、受委託組織の育成を推進することにより省力化、生産コストの低減を図り、当該
地域の気候に合った高単収品種を選定することにより良品質米の生産確保に努める。

(2)野菜

 施設の近代化、エコシステム栽培を活用した減農薬栽培等の環境保全型農業を核とし
たブランド化、省エネ対策の推進による生産コスト低減、環境制御技術による収量・品
質の向上を図る。また、主要作物である「ナス」、「ピーマン」の作付けを拡大する。

ア)ナス

 当該地域はナスの生産量が高知県内2 位であり、全国に先駆けたIPM 栽培技術の構
築により市場からは高く評価されているが、消費者にはまだ十分に認知されていない
ことから、大消費地(近畿、東海、関東地区)での販売促進、産地PR 活動をさらに推
進していく必要がある。
また、春先以降の品質低下が課題となっていることから、高品質な「土佐鷹」への
転換が望まれている。新たな品種の定着、篤農家技術の普及、環境制御技術の検証や
省エネ対策等の経費削減を実施することにより、まとまりのある産地づくりや経営の
安定に向けた新技術の導入を推進する。

イ)ピーマン

 当該地域はピーマンの生産量が高知県内2 位であるが、高齢化や後継者不足による
生産農家の減少により、作付面積等は2010 年と比べほぼ横ばい傾向にある。ナスと同
様に全国に先駆けIPM 栽培技術の構築に取り組んでいる。
また、ピーマンは高温品目であるため近年の重油高騰により燃油コストが大幅に増
大し、農業経営を圧迫している。このような状況を受け、木質バイオマスボイラーや
ヒートポンプ等の重油代替加温機の導入が推進されているが、産地全体としての取組
は弱く、技術導入後の省エネ効果の実態把握や情報共有を行い、問題認識の共有と課
題解決のための手法を模索する。また、環境制御技術を導入し品質向上に取り組んで
いく。

ウ)その他の野菜

 当該地域では主要品目以外に、みょうが、ニラ、ショウガ、オクラ等が栽培されて
いる。多くの農家は夏場の農閑期の収入源や主食用米の代替品目として栽培しており、
主に近隣地域の市場、量販店、地元の直販所への出荷を行っている。
今後、遊休農地を活用するために転作作物として栽培を推進する等、農地の活用、
農業所得の向上につながる活動を推進していく。

(3)花卉・花木

 当該地域では主としてブルースター、ダリア、トルコギキョウ等が栽培されている。
ブルースターは、全国シェアの9 割以上を占め、2011 年にドイツで行われた世界最
大級の品評会で切り花世界一を受賞し、2014 年には安定生産、鮮度保持、新品種の開
発に取り組んだ功績が認められ高知県産業技術功労表彰を受賞した。また、関西の市
場から北米、台湾等へ輸出されており、輸出量も増加傾向にある。
ダリア、トルコギキョウについても新品種の導入や栽培技術の高さ等、全国的に見て
も先進的な取組を行っており、市場や仲卸より高い評価を受けている。
しかしながら、景気の低迷や冠婚葬祭の簡略化による需要の減少、輸送や燃油コスト
の増加が農業経営を圧迫している。今後は、小売業をターゲットとした新品目の導入や、
新たな販売戦略をたて市場への販売強化や、環境制御技術を導入し品質向上に取り組ん
でいく。

(4)果樹

 当該地域では小規模ながら果樹等の作付けが行われている。果樹を主とする農業者
はいないが、山間地域等の条件不利地域の農地の活用につながっており、主に地元の
直販所等へ出荷することにより、農家の副収入につながっている。
今後も山間地域等の条件不利地域の農地活用のためにも、果樹等の栽培を推進して
いく。

(5)不作付地の解消

 現行の改善計画が提出されている不作付地(約5ha)について、今後5 年間で約1 割
(約0.5ha)を水稲作付けの受委託等により解消を図る。

3 作物ごとの作付予定面積

作物 平成28年度の
作付面積
(ha)
平成29年度の
作付予定面積
(ha)
平成30年度の
目標作付面積
(ha)
主食用米 89.00 83.00 78.70
その他地域振興作物 99.11 101.00 102.03
野菜 ナス 57.79 59.00 59.20
ピーマン 12.54 13.00 13.82
その他野菜 10.26 10.00 10.00
花卉、花木 15.51 16.00 16.01
果樹 3.01 3.00 3.00

4 平成29年度に向けた取組及び目標

取組
番号
対象作物 取組 分類
指標 平成28年度
(現状値)
平成29年度
(目標地)
1 ナス 地域振興作物である
ナスの作付
実施面積
(ha)
57.79 59.00
2 ピーマン 地域振興作物である
ピーマンの作付
実施面積
(ha)
12.54 13.00

※「分類」欄については、実施要綱別紙16 の2(6)のア、イ、ウのいずれに該当するか記入してください。
(複数該当する場合には、ア、イ、ウのうち主たる取組に該当するものをいずれか1 つ記入してください。)
ア 農業・農村の所得増加につながる作物生産の取組
イ 生産性向上等、低コスト化に取り組む作物生産の取組
ウ 地域特産品など、ニーズの高い産品の産地化を図るための取組を行いながら付加価値の高い作物を生産する取組
※平成30 年度以降の目標値を設定している場合は、「平成29 年度(目標値)」欄の右に欄を設け、目標年度及び目標値を記載してください。
※現状値及び目標値が単収、数量など面積以外の場合、( )内に数値を設定する根拠となった面積を記載してください。

掲載日:平成29年02月08日

お問い合せ

産業振興課

電話番号:0887-33-2113

動画で見る芸西村
芸西村の人口と世帯数
:1,789人
:1,995人
特別住民  :1人
総人口 :3,784人
世帯数 :1,728世帯

(平成30年04月30日現在)